引越しのコツ(荷物整理編)

 

 

引越しを成功させるポイント・まとめ

キタザワ引越センターで引越しをした時に気を付けたのは荷物整理です。

 

食器等の割れ物は、やはり新聞紙やエアークッションが包み、段ボール箱は小さく、できるだけ重くないように、中身が動かないように詰め物をするのが壊れないこつですね。

 

特に本とか、重くなるものは体積が小さくなるように、箱を小さくしないと、引っ越した後、片付ける時に自分も大変ですし、引越の作業員の方の負担も増えます。

 

無理なく運べるように、衣類以外はできるだけ細かく梱包し、一つの段ボール箱の重さが重くなりすぎないようにすることも大切だと思います。

 

後は段ボール箱に、新居のどの部屋で使うものなのか、中身がざくっと分かるようにマジックで記載をしておけば、引っ越した後、優先的に開封して片付けなければならないのかどうかがはっきりと分かるので便利です。

 

どれも些細なことですが、重要なポイントだと思います。

 

 

 

ホームセンターなどで引越しの為のクッションや食器を包む専用のものが売っていますがわざわざそれを買って自分で包み収納するのは結構しんどいです。

 

費用もそこそこかかりますし割りかねません。
(実際に友人が大皿を割っていました)

 

少しでも安く引越ししたいとの思いで自分ですべてやると精神的にも体力的にも大変きついです。

 

日常的に使っているテレビやお茶碗など壊してしまったら買いなおす費用もかかってしまい逆にお金がかかってしまう事もあると思います。

 

引っ越す際はケチらずにその道のプロにお任せしましょう。

 

そうすれば転居先でも初日から快適に暮らすことができると思います。

 

特に自分のようなマンションの高層からの転居では4?5人程度ではどうしようもない荷物の量もプロの業者さんなら2人ないし3人でスムーズにやっていただけます。

 

引越しはケチらないようにしましょう!

 

 

引越し準備〜新生活を快適にするには?

 

まず引っ越しが決まってからは、部屋の片づけをしました。

 

大掃除以上に。

 

今回は海外へ短期の赴任生活だったので、大型のものは残して行きました。

 

そこで、大掃除をし、長らく使っていないものや、子供のおもちゃなどを片っ端から片づけていきました。

 

そして、お皿や戴いたタオルなど新品で使っていないものをリサイクル業者へ売ったり、捨てたりしましたね。

 

あと、お皿やコップなど荷造りしたのですが、すぐ使いたかったため、一品一品をラップでくるみ、到着後すぐに使える状態にしました。

 

ラップはもったいないですが、片づけのストレスはなくなると思いますよ。

 

引越しを成功させるポイント・まとめ

荷物ですが、なんでもかんでも使うかもしれないともっていきがちですが、ここは半年以上使わない物は、持って行っても使いませんから、処分される事をおすすめしますね。

 

そして、引越し先の気温が自分に合うか検討しておくのも重要です。

 

体調に大きく関わりますから。

 

ものすごく暑いとか、ものすごく寒い、または雨量がすごく多いとか、降雪が多いなど、天候の変動が大きいと日々の体調管理が難しくなるのと、いろいろな予定を立てにくくなったりするので、住みたくないなぁと思います。

 

また、隣の家と歩いて行き来できないような過疎化の進んだところにも住みたくないです。

 

困った時に助けを求めあったりできないことはなにかと心配ですし、地域のコミュニケーション不足にもなりそうなので、せめてお隣さんと歩いて行き来できる距離に住めるところが良いなぁと思います。